こんにちは、 ゲスト 様  [ ログイン ]

じてつうコラム

じてつうコラム一覧

■【メーカーのご紹介】AVEDIO(エヴァディオ)

 



AVEDIO (エヴァディオ) 

イタリア語の「AVE」と「DIO」から成るブランド名は「神の祈り」を意味しています。
自転車を通して、レースの勝利へのこだわり、喜び、感動などを、沢山の人々に伝えたいとう気持ちが込められています。
08’ツールドおきなわ市民の部では、「2008年VENUS」で勝利し、09’インカレでは「2009年VENUS SL」で優勝、
14’インターハイでは、「2011年VENUS 01」で優勝を勝ち取りました。


 エヴァディオの商品はこちら↓





◆自由度、無限大! AVEDIOのFULL COLOR ORDER SYSTEM ! 

エヴァディオの大きな魅力の一つは、自由度の高い「カラーリング」です。
カラーリングは、バイクを選ぶ上での条件としても上位にあるポイント。
エヴァディオのカラーオーダーシステムは幅広いペイントバリエーションに対応しており、個性を追求したい方にも
満足いただけます。
AVEDIOのカラーオーダーシステムは、SYSTEM ONESYSTEM TWOFULL COLOR ORDERの3タイプとなります。


SYSTEM ONE

VENUS RS カーボン生地の上にデカールを貼りクリアーで仕上げます。
デカールのカラーは、10色より選択出来ます。

価格 278,000円~(税別)

BACCHUS SL ベースカラーはBLACK or WHITE。デカールカラーは、10色より選択出来ます。

価格 138,000円~(税別)

※仕上げのクリアーは、艶有り、艶消しと選択出来ます。
※名入れ等、承ります。(20文字以内 縦10㎜、横150㎜以内 )1000円
※ベースデザインは表記のものとなりますが、オリジナルロゴ、デザインのデカールも承ります。(要見積もり )









 SYSTEM TWO



VENUS RS、BACCHUS 共にベースカラーは、無限大!お好きなカラーを調色致します。
デカールカラーは10色より選択できます。

VENUS RS BACCHUS SL共にSYSTEM ONEの価格より10,000円(税別)アップとなります。


※仕上げのクリアーは、艶有り、艶消しと選択出来ます。
※名入れ等、承ります。(20文字以内 縦10㎜、横150㎜以内 )1000円
※ベースデザインは表記のものとなりますが、オリジナルロゴ、デザインのデカールも承ります。(要見積もり)
※デカールカラー 白、黒、赤、黄、桃、青、金、銀、ライトグリーン、ライトブルー 















 FULL COLOR ORDER


VENUS RS、BACCHUS SL、PEGASUS 
アトリエ キノピオさんとお客様と直接のやり取りとなります。

アトリエ キノピオの代表 安田氏の意向により、お客様と直接会話を交わした上で、お客様、ペインター双方が納得のいく一台を仕上げます。

デカールは一切使用せず、全てPAINTで仕上げます。

料金は35,000円~(税別)

安田氏は、デザインも得意分野ですので、PAINTだけでなくデザインも含めて相談ができます。 




デザイン・ペイントは「アトリエキノピオ」様で行っております。





◆カラバリ豊富な高剛性アルミレーシングホイール

極太のエアロ形状アルミストレートプルスポークを使い、硬さと加速感を重視した上で高剛性をも実現しています。
リム・スポーク・ハブ全て赤のアルマイト加工が施されたホイールはなかなかお目にかかれません。
バイクとのコーディネートを楽しめるホイールとなっています。
さらにブルー、ゴールド、ピンク、グリーンのカラフルな4色も数量限定で販売されました。







◆RPS(リブ・パワー・システム)

「RPS(リブ・パワー・システム)」は、エヴァディオの独自技術です。
ダウンチューブとフォークブレードの内部に補強リブを設け、フレーム剛性を強化します。




 エヴァディオの商品はこちら↓









Q.「色」にはどのようなこだわりがありますか?

       オーダー制に対する想いも併せて教えてください。


A.

2008年よりカラーオーダーを手掛けています。「色」に対するこだわりと言うよりも、

ロードバイクに対するこだわりの方が強いです。そのいくつかのこだわりの中の一つに「色」が有ります。


私は、自転車店も営んでいます。当時、初代VENUSの試作品をお店に展示したところ、

来店されたお客様に塗装が「凄い」と絶賛され事があります。

やはり、職人が一本、一本、丁寧に心を込めて塗装したフレームは、誰が見ても素晴しく美しいです。



2017、2018年と諸事情によりカラーオーダーと定番カラーと併売してまいりましたが、

定番カラーの販売は今一つ振るわず、AVEDIOは、やはりカラーオーダーが一つの売りだと再認識している次第です。
2019年は、VENUS RS、BACCHUS SL、PEGASUSの一部がカラーオーダー制となります。



Q.どんなオーダーにも応えてくれますか?

A.
100%とは断言できませんが、フルカラーオーダーに関しての決め事は一切ありません。
お客様の要望に極限まで近づけます。

チームやショップオリジナルジャージを作る感覚で、オーダーして頂ければと考えています。
極端な話、AVEDIOのロゴを一切使わず、チーム名やショップ名を入れても構わないという事です。

カラーオーダーフレーム = AVEDIO と認識されることが理想です。

 

 

Q.カラーオーダーする上で、注意することはありますか?


A.
ニターの画面上、屋内と屋外など環境の違いによって、実物のカラーと異なって見えることがあります。

確実に希望の色を出したい場合は、カラー見本を頂くか、もしくは車のボディーカラーで指定して頂く事を
お勧め致します。

 

 

Q.これまでに特殊なオーダー(記憶に残るオーダー)を
                  受けたことはありますか?

A.
お客様からの依頼では無いですが、2009年、ユーロバイクに出展した際に「和」をテーマに出品した一台は、
思い出深いものがあります。(先日、上町店にて撮影した一台です。)



Q.どのようにしてカラーバリエーション豊富な
          「ホイール」を製作するに至ったのですか?

A.
弊社のカーボンフレームの製造元は、某社のカーボンホイールのスポークも生産している事から
ホイールも手掛ける事となり、弊社でも取り扱う事となりました。

ホイールは、皆さん御承知の通り、フレーム、フォークと同等なくらい重要な機材の一つとなります。
中でもアルミレーシングホイールは、比較的、廉価でレースからロングライドまで、
オールマイティーに熟せるところが魅力的です。

さらにカラーバリエーションを増やす事でフレームとのコーディネイトを楽しんで頂きたいという思いから
製作に至りました。

 

 

Q.製作する上でのこだわり、または苦難などはありましたか?


A.
これは、全てに言える事ですが、ハイクオリティーとコストパフォーマンスの両立の中で、
如何にAVEDIOらしいオリジナリティーを出せるか、と言うことです。



Q.エヴァディオの今後の夢は何ですか?


A.
夢と言って良いのか分かりませんが、私は自転車屋でも有り、自転車乗りでもあります。

ロードレース、トライアスロン、ブルべ、グランフォンドと一通りの競技に参加して私自身の体験や、
同業のみなさんやお客様からの声を製品開発に生かさせて頂いています。
一見、ありきたりの商品に見えますが、どの製品も全てオリジナル、痒い所に手が届く商品ばかりです。

まだまだ、認知度が低く、AVEDIO(エヴァディオ)とすら読んで頂けないですが、
一人でも多くのお客様に弊社の製品をご利用頂き、喜んで頂ける事がなによりと願っています。

 

余談ですが、AVEDIOとは、AVE(神)DIO(祈り)を合わせた造語です。
元来でしたらアベディオと読むべきですが、あえてエヴァディオと致しました。


JAPANESE BRAND AVEDIO(エヴァディオ)、これからも宜しく御願い致します。



 エヴァディオの商品はこちら↓